Overwatch League 2020 Mid Season Update

オーバーウォッチリーグ2020 ミッドシーズンアップデート

今年20都市で全世界にまたがる規模になった新生オーバーウォッチリーグは新しいキャラクターエコー(Echo)が新たにゲームに追加されたのですが、新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミックによる影響をうけ、開催が数週間遅れました。新型コロナウィルスによる影響はオンライン移行による防衛策で開催されましたので、絶賛開催中です!

リーグ最新概要

東部リーグは開始が遅れたため、全チームが平均的なスタンディングにいるという事以外は特筆する点がまだありません。配信を担うブロードキャストは以前よりも改善され他のeスポーツよりも良い環境です。全体的にオーバーウォッチリーグは新型コロナウィルスの影響の中、世界中のチーム間のマッチがスムーズに進んでいます。新しくゲームに登場したエコーはまだプロeスポーツ選手によるスーパープレーが作り出す流行りには乗り切れていませんが、ハイブリッドヒーローとして大きな潜在能力を秘めていますので、もうしばらくしたらとリーグ内で波を起こす目立つ存在になるかもしれません。このヒーローはオーバーウォッチ最後のキャラクターで、近々オーバーウォッチ2がリリースされる予定ですので2021年まではこれ以上の大きな変化がないでしょう。

スタンディング

1 フィラデルフィア・フュージョン(Philadelphia Fusion)9-1
2 上海・ドラゴンズ(Shanghai Dragons)8-1
3 ニューヨーク・エクセルシオール(New York Excelsior)7-1
4 ソウル・ダイナスティ(Seoul Dynasty)3-1
5 サンフランシスコ・ショック(San Francisco Shock)5-2
6 ロンドン・スピットファイア(London Spitfire)3-2
7 アトランタ・レイン(Atlanta Reign)4-3
8 パリ・エターナル(Paris Eternal)5-4
9 フロリダ・メイヘム(Florida Mayhem)4-4
10 バンクーバー・タイタンズ(Vancouver Titans)2-2
11 ロサンゼルス・グラディエーターズ(Los Angeles Gladiators)3-3
12 トロント・ディファイアント(Toronto Defiant)4-5
13 杭州・スパーク(Hangzhou Spark)4-5
14 ダラス・フュエル(Dallas Fuel)3-4
15 広州・チャージ(Guangzhou Charge)4-5
16 ヒューストン・アウトローズ(Houston Outlaws)4-7
17 成都・ハンターズ(Chengdu Hunters)3-7
18 ロサンゼルス・ヴァリアント(Los Angeles Valiant)2-6
19 ワシントン・ジャスティス(Washington Justice)2-8
20 ボストン・アップライジング(Boston Uprising)1-8

レビュー

フィラデルフィア・フュージョン、上海・ドラゴンズとニューヨーク・エクセルシオールは前評判通り、他チームと差をつけて上位にランクインしました。最下位のボストン・アップライジングは残念なことにスコアが7勝、26敗、2引き分けとかなりの低成績で、直ぐにスコアが酷似しているバンクーバー・タイタンズ(2-2)と同じポジションになるでしょう。もう少しサンフランシスコ・ショックの活躍をシーズン終了前に見たいですし、リーグ内のルーキーチームであるロンドン・スピットファイアは初参戦にも関わらず大健闘し6位内にいます。ですが、最近はスコアが振るわないので気を抜けない状況にあります。
スタンディングは1勝でも1敗でもチームの順位に大きな影響を与えますので、開催が遅れたという状況の中でも変動が早いので1戦1戦が重くのしかかります。まだまだ下位チームにも十分巻き返す時間がありますので、エキサイティングなシーンを是非お見逃しなく!

 

Katsuhiro image

Katsuhiro

2020年 5月 11日
Gdpr Image

ユーザーエクスペリエンス向上のため、cookieを使用します

このページのリンクをクリックすると、cookie設定に同意したことになります

詳しくは
x