鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦2020

鉄拳プロチャンピオンシップ日韓対抗戦2020

世界大会で度々相まみえる鉄拳誕生の地日本と鉄拳強豪の地韓国がバンダイナムコエンターテインメント公式の招待制大会に12人対12人の総当たり戦を行います。『鉄拳プロチャンピオンシップ 日韓対抗戦 2020』は同社が主催にしている国際eスポーツトーナメント/大会『鉄拳ワールドツアー2019』(Tekken World Tour)における韓国地域でTWTポイントランキング上位12名が来日し、日本のトッププロ11名と、当日予選を勝ち抜いた1名による計12名がマッチを行います。日本、韓国ともに世界大会の優勝経験者やワールドツアーのファイナリスト、JeSU公認プロライセンス選手などのトップ選手を招待し、両国のプライドを懸けた世界トップレベルの激闘が過去にも行われており、どちらが勝ってもおかしくないくらい予測のつけにくいトーナメントでしょう。

※新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により内容に一部変更(参加人数、無観客試合など)。

日本選抜チーム

  • 当日枠予選優勝者1名
  • 以下のプロライセンス選手14名のうち予選を勝ち抜いた11名

1.AO

2.加齢

3.弦

4.じょうたろう。

5.タケ。

6.ダブル

7.チクリン

8.ちりちり

9.ノビ

10.ノロマ

11.破壊王

12.ペコス

13.ユウ

14.用心BΩY

韓国選抜チーム

1.Knee

2.LowHigh

3.JDCR

4.Kkokkoma

5.Ulsan

6.CHANEL

7.Rangchu

8.Saint

9.JeonDDing

10.CherryBerryMango

11.Rest

12.Meo-IL

スケジュール

2月29日(土)

大会形式

※新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により当日枠予選中止

日本選抜予選

  • 選手はグループAとグループBに分かれ、総当たり戦を行う。
  • 各グループの上位5名(計10名)は本戦への出場が確定。
  • また、各グループの下位2名(計4名)でトーナメント戦を行う。
  • トーナメント戦の優勝者はワイルドカードで本戦出場権を得る。

本戦

  • 勝ち抜き形式で行う10on10の団体戦。
  • 試合は1勝先取(BO1)。
  • 試合順は1試合目のみ事前申告でその後は勝ち残り。
  • 前の試合に負けたチームのみライフが残っている任意の選手を出場させることができる。
  • ライフ獲得戦で追加ライフを獲得した選手は、一度試合に負けても再度、勝ち抜き戦に出場することができる。
  • 最終的に相手チームの残りライフを0にしたチームが勝利。
Katsuhiro image

Katsuhiro

2020年 2月 26日
Gdpr Image

ユーザーエクスペリエンス向上のため、cookieを使用します

このページのリンクをクリックすると、cookie設定に同意したことになります

詳しくは
x