カプコンプロツアー2020東アジアトップ8

カプコンプロツアー2020 東アジア トップ8プレビュー

世界各地で行われるeスポーツ大会の中でも、アメリカと並んでハイレベルなシーンが多くみられる東アジア地域の最終日がやってきます。最初のマッチでは因縁ともいえる宿命的対決のDaigo対Tokidoが行われ、沈黙の王者・Daigoが勝つか弛まぬ努力を積み重ねる頭脳派プレイヤーのTokidoが勝つか予想のできないマッチが行われます。ほとんどが日本プレイヤーの中でも、韓国プレイヤーのCOSCOが使うブランカはDeadly Poisonとのマッチをみてもかなり強いファイターであり、ベスト3位内に入ってもおかしくはないプレイを見せてくれるでしょう!

ウィナーズ

Mildom Daigo vs Rohto Z! Tokido

この組み合わせは因縁の対決ともいえ、何年も繰り返し行われてきたMAD Catzのメンバー同士の闘いはどちらが勝つか一番予想が難しいマッチになります。TokidoはDaigoを超える為に練習を重ね、豪鬼使いの世界一ともいえるポジションまで登りつめました。それでも、Daigoが使うガイルの前に敗れ去った過去があり五分五分の展開になることが予想されます。もしガイル対豪鬼であれば、まだDaigoが有利に見えますがその有利もほとんどあるかないかの僅差でしょう。

Mildom Fuudo vs KFGC Verloren

ミカを使うFuudoのプレイは凄まじく、プロレスプレイヤーという大型ファイターの割にスピードがあり速攻ができるプレイは相手プレイヤーにとって脅威です。ただ、Verlorenのキャミィもスピードの速いファイターですので、もしFuudoを上回る速さでコンボを繋げることができれば勝てる可能性もあるでしょう。ミカがキャミィのジャンプ攻撃と下段攻撃をどこまで防ぎ、カウンターできるかで変わってきますがFuudoも今のところ強い勢いを保っています。

ルーザーズ

Cosco vs Victrix Momochi

電流を流しながら繰り出すローリングアタックを地上でも空中でも繰り出す事ができるようになったブランカは明らかにバフされたファイターとなり、それを見事に使っているプレイヤーがCOSCOです。セスはリーチが長く、ガードしている相手に対しても吸い込みからの攻撃ができるのですが動きがブランカに比べると遅く防戦一方になる可能性があります。コンボが入ればマッチは分からなくなりますが、今のところCoscoが有利に見えてしまうのは気のせいでしょうか。

Youshikibi vs FAV Ryusei

もしキャミィ対ユリアンの闘いとなれば、対空のメタリックスフィアとチャリオットタックルは脅威そのものです。対空と地上での対応ができるファイターですので、このマッチはYoushikibiが圧倒的速さで速攻からコンボを叩き序盤で優勢を保たなければ、時間が経つほどエイジスリフレクターなどで間合いを詰められキャノンシリーズやスパイラルアローでも対抗が難し相手になります。

配信プラットフォーム

CapcomFightersJP YoutubeTwitchMildom

大会制覇

東アジアではほとんどのプレイヤーが日本人プロであり、世界でもトッププレイヤーと言われているDaigoとTokidoがいます。Ryuseiも頭角を表しているプレイヤーで恐らく激しいトップ争いが行われるでしょう。誰がファイナルまで進んでもおかしくはなく、ファイナルはウィナーズからDaigoかTokido、ルーザーズからはCoscoかRyuseiが出て東アジアトップの座を争う気がします。いずれにせよ、どのプレイヤーもかなりハイレベルでマッチはかなり早いスピードで進みそうな感じがします。サクサク観るのが好きな人にとってはとても面白いので、是非お見逃しなく!

 

 

 

Katsuhiro image

Katsuhiro

2020年 7月 25日
Gdpr Image

ユーザーエクスペリエンス向上のため、cookieを使用します

このページのリンクをクリックすると、cookie設定に同意したことになります

詳しくは
x