リーグオブレジェンドジャパンリーグ2020サマースプリット(Split2)

リーグオブレジェンドジャパンリーグ2020 サマースプリット(Split2)6月13日(土)開始

リーグオブレジェンドジャパンリーグ2020サマースプリットは日本国内で行われるプロeスポーツリーグです。今年で新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミック(世界流行)により、海外他リーグ同様のスケジュール変更が行われ、無観客からオンラインへ移行し5月4日(月)にLJL2020スプリングスプリットがDetonatioN FocusMeの優勝をもって終了しました。毎年行われているミッドシーズン・インビテーショナル(年末とは別に春と夏の間に行われる世界大会:MSI)は当初7月開催を予定していたのですが、パンデミックの収束がつく見通しがたたず開催3ヶ月前をもってして正式中断を余儀なくされました。ですがレギュラーシーズン中に見せたチームは初参戦のFukuoka Softbank HAWKS Gamingを含め大接戦を繰り広げ、期待の新チームSengoku Gamingは決勝で負けてしまいましたが、下位からプレーオフ進出しDetonatioN FocusMeに1度勝つなどの快挙を果たすなど終始予測不能な展開を見せてくれました。年末のワールドチャンピオンシップのように海外チームと競うミッドシーズン・インビテーショナルがなくなってしまい残念ですがLJLもどんどん見どころが増えているので、きたる海外戦のためにも各チームがどのようなプレーを見せてくれるのか目が離せません!

参加チーム

1. AXIZ
2. Burning Core
3. Crest Gaming Act
4. DetonatioN FocusMe
5. Fukuoka Softbank HAWKS gaming
6. Rascal Jester
7. Sengoku Gaming
8. V3 Esports

賞金

10,000,000

大会形式

ダブルラウンドロビン

1本先取(BO1)

配信プラットフォーム

Twitch

OPENREC.tv

Mildom

ファーストマッチはAXIZ対昨シーズンプレーオフチームのCrest Gaming ActからAXIZは連戦で同じくプレーオフ進出チームV3 Esportsと競います。同チームにとっては出だしから厳しいマッチかもしれませんが、勝てないチームではないのでいかに昨シーズンから強化できているかで結果が変わってくるかと思います。スプリングスプリットではシーズン開始より各チームとも大混戦になり、下位チームがプレーオフへ進出したり上位チームがプレーオフを逃したり大波乱のシーズンでした。王者DetonatioN FocusMeは安定の1位でしたが、Sengoku Gamingに負けるなど他チームが強くなっているのが感じられるシーンが多々ありました。サマースプリットでも参加チームがもっと凄いシーンをたくさん見せてくれる事に期待しましょう!本サイトでもリーグをフォローしていきますので、是非お立ち寄りください!

 

Katsuhiro Ishimoto image

Katsuhiro Ishimoto

2020 5月 5
Gdpr Image

ユーザーエクスペリエンス向上のため、cookieを使用します

このページのリンクをクリックすると、cookie設定に同意したことになります

詳しくは
x