LEC2020サマースプリット Week7プレビュー

LEC2020サマースプリット Week7プレビュー

LECのレギュラーシーズンも今週をあわせ残り2週間となりました。全チームが残り5チームずつとマッチを行い、ダブルラウンドロビン(2回の総当たり戦)が終了することになります。そして、LECに所属する10チームの内、上位6チームがプレーオフへ進出することになるので、より濃厚なプレイが多くみられるようになるでしょう。全チームの勝敗が平均的なのでどのチームでもまだプレーオフへ進出することができますが、最下位のSchalke04の場合は3勝のみですので、他チームよりも多く得点を取らなくてはいけないという事もあり、厳しいでしょう。先週は少なくとも、面白いマッチが何回かありトップチームでも平均的に1勝1敗の結果が多かったです。SchalkeとExcelは2勝勝ち越し、Misfitsは2敗しました。
Schalkeは大方の予想を裏切った形となり、Fnatic、G2 Esports、Misfitsという強豪チームに勝っています。すでにご紹介したように、今週のプレビューではアッと驚くような予想をしております。上位2チームから下の7チームは1勝差と2勝差しかありません。そして、その1勝がこれら残り7チームがプレーオフへ進出するための重要な1勝になります。プレーオフへ進出できるのは上位6チームのみであり、残りの枠は後4チームですので7チームのうち3チームが脱落することになります。それでは、今週のマッチについて本サイトの予想をご紹介したいと思います。また、LECの概要につきましてはこちらをご参考にしてみてください。

マッチオブザウィーク

土曜日

Fnatic - G2 Esports

LECを代表するこの2チームのマッチはレギュラーシーズンを勝ち抜くのに大事なマッチになりましたが、今は別の意味でも大事なマッチになりました。それはプレーオフ進出がかかっているからです。両チームとも先週の土曜日に強豪チームから勝ちを取り、溜飲を下げました。FnaticはOrigenに明らかな勝ち星で、G2対Rogueは後者が早いペースで勝てるという見方に反し勝ちました。両チームともレギュラーシーズンではトラブルを抱えていましたが、プレーオフに向けて火がつき覚醒する時にきています。ひょっとしたら、今回はどちらかのチームがワールドチャンピオンシップだけでなく、プレーオフにさえ進出できないかもしれません。もし彼らのパフォーマンスをみるだけでしたら、Fnaticに分があるといえますが、最近のシーズンをみるとG2はFnaticのゲームプランを破っており、Fnaticに対して重要なシーンでは必ずといっていいほど勝っています。これを念頭に置くと、どちらが勝つか五分五分になり、Fnaticがプレーオフ前にライバルの首根っこをつかむことができるか分かりません。

金曜日

Fnatic - Rogue

上り調子のFnaticが注目チームであるという事がまったく理解できません。Rogueは勝ちを重ねてきて、直近では先週の土曜日にG2に大きなリードを広げており、勝ちをその手にできたにも関わらず負けたのみです。1回の負けでRogueのシーズン中の流れが変わるとは思いませんし、Fnaticの今シーズンにおける復活説もまだ完全に受け入れられたわけではありません。Rogueはこのマッチにおける注目チームであることは明らかです。

金曜日

Schalke 04 - Excel Esports

SchalkeはWeek6で成績を伸ばし、Fnatic、G2 Esports、Misfits Gamingなどに勝っています。もちろん、プレーオフ進出の可能性もありえますのでタフなマッチになるでしょう。残念なことに通常のプレイではExcelがSchalkeの上ですが、たまに酷いプレイをすることがあるので、これがSchalkeにとっても勝てる可能性がある道を残しています。それでも、Excelはプレーオフ進出に必死ですので、彼らのグリップがこの時点で緩むとは思えません。dすので、Excelが明らかにこのマッチでは有利になると思います。もちろん、前回までのマッチをみていると例外的な勝利が増えてきているのでLECでは何が起きてもおかしくはないということです。

Misfits Gaming - SK Gaming

このマッチはウィークのハイライトといっても間違いないでしょう。SKは期待以上の結果を出しており、Misfitsははっきりいって残念な結果になっています。先週は2敗を喫し、彼らのプレーオフ進出への夢に大きなダメージを与えました。シーズン始めにMisfitsを相手にSKを注目チームだということをまったく考えられませんでしたが、今は違います。Misfitsには連携に大きな問題があり、ドラフトに対してSKは対応しきることができるでしょう。もちろん、Misfitsが実力を出しきる事ができれば、かなりタフなマッチになると思いますが、それでもSKのスムーズなプレイは有用な武器であり、Misfitsを倒すのに十分であり彼らをより悲惨な状況に追い込むことができるでしょう。

Origen - MAD Lions

MADはシーズンを通じて絶好調でした。一方のOrigenはみるにたえませんでした。MADはすでにプレーオフ進出を確保したといっても過言ではなく、Origenは現在まだプレーオフ進出の条件を満たしていません。最初にこのチームがシーズン前半で向かい合った時に、MADのソロレーナーはOrigenに反撃の機会を与えず、若獅子達は誰もが納得のいく勝利を収めました。Origenにとっては残念なことですが、今回も同じことになるでしょう。MADは明らかに強いチームであり、このマッチを制する事でプレーオフ進出がより強固になるだけでなくリーグトップの順位もトップを維持するでしょう。もちろん、Origenのサポートが変わったことで少し強化されているかもしれませんが、MADに対してはまだ足りないと思います。そして、より大きな問題はトップとミッドでありボットレーンではありません。

Team Vitality - G2 Esports

2週間前に誰がTVとG2が同じ順位になり、最後のプレーオフ進出枠をめぐって競うことになると思ったでしょうか?G2が厳しいマッチの中でも、ベストを尽くし乗り越えてきましたが、先週Schalkeに屈辱的な敗北を喫したもののRogueには勝ちましたが、それはG2が強かったわけではなく、Rogueのミスだったと見ています。G2が自チームの連携を固めミスを直し、注目チームであると推したいですが前のマッチをみていると両チームとも現状は同じスタートラインに立っているのではないかと思えてしまいます。もちろん、片方しか勝たないですしどちらかといえばG2ですが、TVが勝てる可能性もあり、そうなった場合G2は残り4マッチの中厳しい状況に置かれてしまいます。

Rogue - Fnatic

とても興味深いマッチになります。Rogueはシーズンを通して強いプレイをしてきましたが、先週はMisfitsを相手にかなり真剣なプレイをみせ、G2に結果的には負けましたが大きなゲームリードを作ることに成功していました。言い換えれば、昨シーズンと同様Rogueはシーズンの終わりにかけて亀裂が入るというパターンがあります。その間、Fnaticは逆でシーズン最後にかけて調子が戻ってきています。先週はMADに負けましたが、それをOrigenを完全に打ち破ったことで埋め合わせました。Rogueがこのマッチでは有利ですが、Fnaticの得意なピックバンフェーズから面白いマッチがみれると思います。両チームのADキャリーの動きが要注目であり、シーズン後半で勢いがでているHans SamにRekklesが前面的に対応できるかがみどころです。もし時間がなく、1マッチしか観れない場合は是非このマッチをみてください!

土曜日

Schalke 04 - Origen

Origenはシーズンを通して弱かったと思いますが、Jactrollがきたことで締まりが良くなりました。Schalkeは今シーズンはビッグネームピッカーと呼ばれていましたが、それはもう継続しないでしょう。Origenは勝ちにこだわっており、Schalkeを倒しプレーオフ進出を断念させるでしょう。もちろん、GiliusがG2と同じ時のような勢いになると話は別かもしれません。何が起きてもおかしくはないのですが、OrigenのジャングラーXerxeが遅れを取るとは考えにくいです。

Excel Esports - Misfits Gaming

これは最後のプレーオフ進出スポットをめぐっての大事なマッチの1つです。現在、現実的にみるとExcel Esports、Misfits Gaming、Team Vitalityがプレーオフ進出最下位の6位をめぐって争っておりこのマッチの結果によっては決着がつくかもしれません。Misfitsは最初の相手に勝っているので、もしExcelが負ければプレーオフ進出から遠ざかることを意味します。もし引分けだったとしても、MisfitsはExcelの上に順位がいきます。これまでのマッチでは両チームとも同じくらいの成績でどちらが注目チームかということはとても難しいです。もちろん、先週のMisfitsは2敗、Excelは2勝を上げているのにおかしな話ではありますが、それ以外のマッチを比べると両チームとも実際には僅差の結果です。これは大方の見方もそうかもしれませんが、かなり予想が難しいマッチでしょう。

SK Gaming - Rogue

SKは今シーズンたくさんのLoLファンをその好プレイで驚かせたチームです。もちろん、これはRogueに対しても例外なく発揮するかもしれません。それでも、このマッチはRogueに分があると見ています、それは彼らの敗因はほとんどが自チームのミスや戦略の実行によるものだからです。Rogueはかなりハイレベルなチームであり、全体的にバランスのとれたそのプレイは相手にとって恐怖の対象であり、SKはさらにその1歩先をいっています。このマッチはとても面白いマッチになる可能性があり、良い条件があればSKを応援してみるのも良いかもしれません。

MAD Lions - Team Vitality

MADはTVとは完全に違う次元でプレイしており、恐らくこのマッチは今週の組み合わせの中で唯一一方的な展開になるマッチかもしれません。どの要素をみてもTVがMADを倒せる要素が見当たりません。その一方でこのマッチはつまらないマッチになるでしょう。

Fnatic - G2 Esports

この組み合わせはここ数年来ファンの間にとって注目の的でありました。FnaticのゲームプレイはイジメのごとくG2よりも強いプレイが見られましたが、G2は歴史的にメンタル的にもゲームアドバンテージでもFnaticよりも強かったのです。もしFnaticがこの流れをくつがえし、良いプレイを前面的にだせればFnaticが注目チームであると言えるでしょうが、同時に歴史的にはG2の方が有利でした。ですので、マッチは間違いなく面白いものになり、プレーオフを占う上でもこのマッチは大事な事前試合になると思います。

 

Katsuhiro image

Katsuhiro

2020年 7月 31日

すべて リーグオブレジェンド ニュース

LJL2020 サマースプリット プレーオフ image
続きを読む
タイブレーカー DFM vs SHG image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week7レビュー image
続きを読む
LEC2020サマースプリット Week7プレビュー image
続きを読む
LCS2020サマースプリット シーズン後半レビュー image
続きを読む
LJL2020 サマースプリット Week7 プレビュー image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week6プレビュー image
続きを読む
LJL2020 サマースプリット Week5 レビュー image
続きを読む
LJL Week 後半最新パッチ image
続きを読む
LEC2020 Split2 Week6 プレビュー image
続きを読む
LEC2020 Split2 Week5 プレビュー image
続きを読む
ワールドチャンピオンシップ開催の行方 image
続きを読む
LEC2020サマースプリット 中間レビュー image
続きを読む
LJL2020Split2 Week5 プレビュー image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week4レビュー image
続きを読む
LEC2020サマースプリット Week4プレビュー image
続きを読む
ワールドチャンピオンシップ2020 image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week4プレビュー image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week3レビュー image
続きを読む
LEC2020サマースプリット Week3プレビュー image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week3プレビュー image
続きを読む
LEC2020サマースプリット Week2プレビュー image
続きを読む
LEC2020サマースプリット Week1プレビュー image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week2プレビュー image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week1レビュー image
続きを読む
LJL2020サマースプリット Week1プレビュー image
続きを読む
LEC2020 サマースプリットパワーランキング image
続きを読む
LCS2020 サマースプリットパワーランキング image
続きを読む
LJL2020 サマースプリット パワーランキング image
続きを読む
ミッドシーズンカップ Day3 image
続きを読む
ミッドシーズンカップ Day2 image
続きを読む
ミッドシーズンカップ Day1 image
続きを読む
ミッドシーズンストリームマラソン image
続きを読む
LJL2020 プレーオフ・ラウンド3~ファイナル image
続きを読む
Gdpr Image

ユーザーエクスペリエンス向上のため、cookieを使用します

このページのリンクをクリックすると、cookie設定に同意したことになります

詳しくは
x